FX 入門

これだけは覚えておこう!FXテクニカル分析の基本

FX取引をする時に、なんとなくで買ったり売ったりするのは投資でも投機でもなく、限りなく賭博に近いものがあります。なんとなくで売買してぼろ儲けしたトレーダーは基本的にいないでしょう。ほとんどのトレーダーはテクニカル分析とファンダメンタル分析を行い、最適と思われるポイントで売買をしているのです。ではテクニカル分析とは何でしょうか?ここではFX初心者が最低限知っておくべきテクニカル分析の基本を取りあげたいと思います。

まずテクニカル分析の定義ですが、それは過去の一定期間の為替相場の値動きをもとに計算された指標を分析し売買判断をすることです。このテクニカル指標分析の基本はチャートです。チャートが読めなければテクニカル分析も行えません。ではチャートとは何でしょうか。チャートはレートの動きを時間の経過に区切ってグラフ化したものです。このチャートで一般的に使われるのがローソク足です。

ローソク足は世界中で使用されているチャートなのですが、実は日本生まれでして、江戸時代に日本で生まれたものです。このローソク足はその名の通りローソクの形をしているのですが、それぞれの時間単位でレートがどう動いたかを表しています。そしてそのローソク足は始値・終値・高値・安値を基本的に示しています。このローソク足には1カ月単位のものもありますし、1時間単位のものもありますし、1分単位のものもあります。つまり、1時簡単位のローソク足なら1時間内の始値・終値・高値・安値を表しているということですね。このローソク足を利用すれば、簡単にトレンド(レートの方向性)がわかります。つまりレートが上昇傾向にあるのか、それとも下落傾向なのかが分かるわけです。この分析もりっぱなテクニカル分析ですよ。

このチャートとローソク足がわかるようになると、もうひとつステップアップできます。レートが買われすぎか売られすぎかがわかるオシレーター系のテクニカル分析が可能です。その中で良く使われるひとつ、ボリンジャーバンドを覚えましょう。これもその名の通りボリンジャーさんが考案した分析法で、そのバンドの中でローソク足がどこに位置するかで買われすぎ・売られすぎを判断することができます。

オシレーター系と併せて覚えたいのがトレンド系のテクニカル指標です。二つを組み合わせて使うことによって、より最善のタイミングでエントリーやイグジットが出来るようになります。このトレンド系でまず覚えておきたいのは移動平均線です。移動平均線とは過去の一定期間のレートの平均値をグラフ化したものです。ですからこれを見れば今現在の方向性がすぐに分かるわけですね。トレンドを確認しつつオシレーター系のテクニカル分析を行う。これがテクニカル分析の基本です。しっかりと体得しましょうね。


このページの先頭へ