FX 入門

FXは躊躇したら負けます、損切りのタイミングを習得せよ!

「損切りの大切さはわかりますよ。資金を上手に管理する秘訣なんでしょ。でもね...」。
「損切りしないといけないのは分かります。でもすぐ元値に戻ると思ってしまうんですよね...」。
このように感じてFX取引をしているトレーダーは9割いると言われています。つまり1割だけが勝ち組で、残りの9割は損切りを躊躇してしまい、結局資金を減らしFX市場から去る、もしくは負け組の典型的なパターン、新たに資金を追加させられているのです。資金を減らす度に新たに資金をつぎ込むのはただの賭博と変わりありません。

FXは躊躇したら負けます。自分のトレードスタイルに合わせて損切りのタイミングとなる基準を決め、その基準に沿って取引して初めて次のステップに進めると考えて下さい。では、自分のトレードスタイルに合った損切りのタイミングとはどのようなものでしょうか。FXトレードの手法にはいくつかありますが、ここではデイトレードとスイングトレード共通の目安となる損切りのタイミングをご紹介します。

デイトレードとはご存知の通り、1日で売買を決済する手法です。早い時では数分で売買を行います。スイングトレードとは数日間から長くても数週間での取引を指します。損切り注文の出し方はこの二通りがオススメです。一つは損失額(pips)を決めておき、その損失額に達したら損切りをする方法です。例えば、50pipsで損切り、または-5000円で損切りなど、明確な損切りラインを決めておくことです。そうすれば損失を最小限に抑えることができます。

もう一つは、注文を出した時の根拠(理由)が無効になった時に損切りをするという方法です。例えば、売買の指標としてMACD(マックディー)を使用しているとしましょう。MACD指標が買いのサインを出したので、買いポジションを建てました。しかしレートはすぐに下がっていきMACDは売りのサインを出しました。損益はマイナスですが、たった今買い注文を出した時の根拠がなくなったわけです。つまり買いの根拠となったMACD指標が売りのサインを出した時点で、売り注文を発注するという手法なのです。このタイミングで損切りをすると時には利益を得られる場合もありますし、損失を出す場合もあるでしょう。

このように損切りのタイミングのしっかりとした基準を設けることにより、自分の大切な資金を管理することができるのです。デイトレードとスイングトレードではウォッチするチャートの時間軸は違いますが、同じ基準で損切りのタイミングを設定できますよ。そして大切なのは損切りラインをしっかり守ることです、躊躇してはいけません。確実に損切りを実行していきましょうね。


このページの先頭へ